未来志向型クリニック ~未病予防・先見医療をめざす~
“沈黙の臓器・肝臓”に対する 最新機器を駆使した現状把握 ~究極の脂肪肝診療、生活習慣病指導~
女性の内視鏡専門医による 内視鏡検査や診察 ~鎮静剤を使用した苦痛の少ない検査~
医師の究極の使命は、 未病予防や健康管理 ~病気の前段階で予防し、早期に対処する~

新規開院

2024年10月1日(火)

内覧会

2024年9月29日(日)
10:00-14:00

第1回ようが健幸教室(Thank‐you party)

2025年3月9日(日)
11:00-

GREETINGご挨拶

メタボリック症候群とロコモティブ症候群を同時に予防管理していく日本初のクリニック診療を構築メタボリック症候群とロコモティブ症候群を同時に予防管理していく日本初のクリニック診療を構築

メタボリック症候群とロコモティブ症候群を同時に予防管理していく日本初のクリニック診療を構築

メタボリック症候群とロコモティブ症候群を同時に予防管理していく日本初のクリニック診療を構築

これまで慶應義塾大学消化器内科医局に在籍のもと、関連病院、米ペンシルバニア大学留学、その後東海大学、東京医療センターと臨床や研究、教育指導を重ねてきました。慶應義塾幼稚舎5年生時に祖父を亡くしたことから医師を目指す決意をし、今日までの医師25年間は、臨床現場の最前線で多くの臨床スキルを積み上げ、自己研鑽してきました。長い臨床実地の中で、消化器内科を中心とした疾病やがん治療も多く経験しましたが、医師の究極の宿命は、未病予防健康管理にあると考えるようになりました。多くの学会に所属し、委員もさせて頂き、最近では多分野のバラバラの知識が一つに繋がってくるように感じます。専門である、内科、消化器、肝臓分野に限らず、今までの経験を生かし、患者目線に立った様々なお悩みに答えていけるように日々努力して参ります。そこには、看護師や事務の力、医療に参加してもらう患者さんの意欲、家族の力も必要です。医療を提供していく中で、患者さんからも多くの学びを感じ、それが自身の肥やしになっています。日々研鑽を重ねながらも、こうした方々に常に感謝し、地域に貢献できるクリニック運営を目指します。そして、医療の発展は目まぐるしく変化しています。将来を見据えた新しい分野にも挑戦して、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群:以下メタボ)とロコモティブ症候群(運動器機能低下症候群:以下ロコモ)を同時に予防管理していく日本初のクリニック診療を構築していきます。勉学を怠らず、常に前を向いて、皆様と成長し続けるクリニックを目指す所存です。

ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー

PICK UP!当院の強み

PICK UP! 当院の強みPICK UP! 当院の強み

“沈黙の臓器・肝臓”に対する最新機器を駆使した現状把握“沈黙の臓器・肝臓”に対する最新機器を駆使した現状把握

PICK UP!1

“沈黙の臓器・肝臓”に対する
最新機器を駆使した現状把握

FibroScan(肝臓の脂肪化や硬度が数値で測定可能)の導入

FibroScan(肝臓の脂肪化や
硬度が数値で測定可能)の導入

最新エコーARIETTA 650 DeepInsight SEを用いた腹部エコーを実施

最新エコーARIETTA 650 DeepInsight SE
を用いた腹部エコーを実施

ドライケム(迅速分析装置)の導入

ドライケム(迅速分析装置)の導入

ここが当院のポイント!

ここが当院のポイント!院長自らFibroScanを使用して測定し、結果をフィードバック(診察室内に機器を完備)。

ここが当院のポイント!FibroScan、最新エコーARIETTA 650 DeepInsight SEの導入により、肝臓の脂肪化は2つの測定法(cCAP,iATT)、肝硬度は3つの測定法(LSM,SWM,RTE)で評価が可能になり、最強の肝臓診療体制を実現。

ここが当院のポイント!ドライケム・血算、CRP、HbA1c測定装置の導入により、10分で検査結果を判定可能。

医師の究極の使命は、未病予防や健康管理~病気の前段階で予防し、早期に対処する~医師の究極の使命は、未病予防や健康管理~病気の前段階で予防し、早期に対処する~

PICK UP!3

医師の究極の使命は、
未病予防や健康管理~病気の前段階で予防し、
早期に対処する~

InBody580(体成分組成計)の導入

InBody580(体成分組成計)の導入

最新エコーARIETTA 650 DeepInsight SEを用いた腹部エコーを実施

最新エコーARIETTA 650 DeepInsight SE
を用いた腹部エコーを実施

生活習慣病の患者様の動脈硬化病変の評価の為に、CAVI(動脈硬化検査)を実施

生活習慣病の患者様の動脈硬化病変の評価の為に、CAVI(動脈硬化検査)を実施

ここが当院のポイント!

ここが当院のポイント!脂肪肝の患者様で見られる変化として、全身性に動脈硬化が進み、将来的な心筋梗塞や脳梗塞の発症が問題視さており、それらを未然に防ぐ為に頸動脈エコー、CAVI(動脈硬化検査)を実施。

ここが当院のポイント!【InBody580とは】
生体インピーダンス法を用いて、全身的な筋肉量や体脂肪量、身体の部位別の変化を調べ、食事運動など生活指導に生かします。当院ではそれに加えて、握力や身長の測定、“ロコモチェック”などを積極的に行い運動療法に繋げております。

ここが当院のポイント!

院長が以前より繰り返し行ってきた
肝臓病教室を再開!
ようが健幸教室と名前を変え、
生活習慣病全般に視点を変えて開催

ここが当院のポイント!

ここが当院のポイント!食事・運動療法を中心とした生活留意点や診療情報、データの読み方などをわかりやすく解説!
ZOOMとのハイブリッド配信を行い、教室での内容は、受付横に二次元バーコードを設置し、診察の待合時間などに後から見られるように実施しております。

ギャラリーギャラリー